動脈硬化の原因は、善玉コレステロールと悪玉コレステロールです。動脈硬化は血管の壁にコレステロールが沈着し、血流を妨げ、血管が詰まったり硬くなってしまった状態をいいます。動脈硬化の原因といわれているコレステロールの中でも、善玉コレステロールは余分なコレステロールを肝臓に運ぶという大切な働きを担っています。一方、悪玉コレステロールは、肝臓から体中にコレステロールを運びます。どちらも身体にとっては必要なもので、健康な人の場合はこの2つのコレステロールのバランスがとれているものです。しかし、この2つのバランスが崩れ、余分なコレステロールを肝臓に運ぶ善玉コレステロールが、悪玉コレステロールの働きに追い付かなくなってしまうと、血管内にどんどんコレステロールが溜まっていきます。その結果が動脈硬化なのです。コレステロールが血管に溜まると、どんな状況になると思いますか。血管内にコレステロールが溜まってしまうと、血管の細胞を傷つけ、そこから悪玉コレステロールや血液中の成分が細胞内に入り込んでしまうのです。このような状態になってしまうと、血管がどんどん膨らみ、血液の流れを妨げてしまい、様々な病気へとつながっていってしまいます。動脈硬化の原因は、コレステロールの他にも、加齢や生活習慣も大きく関わっているといわれています。いずれの場合でも、動脈硬化になってしまうと心筋梗塞や脳梗塞などの危険があるので、動脈硬化にならないように普段の生活から気をつけると良いでしょう。